SHIKA DELICA 鹿肉ドライおやつ 鹿肉&ベジタブル

販売価格

540円(税40円)

購入数

体は食べたものでできています。食べることは、生きること。
愛犬がよろこんで食べてくれる食、そして飼い主さんが安心できる食は、幸せへの第一歩です。

「自分の飼っているワンコに、笑顔で安心して食べさせられるものが欲しい」
そんな想いからスタートした”SHIKADELICA”のフードです。

“大切な家族に食べさせたい食”として飼い主さんに笑顔で選んでもらえるよう、
甲斐の自然に育まれた鹿のお肉を使ったSHIKADELICAのフードをお届けします。

こんな鹿肉フードをお届けします
●病気に負けない、丈夫で健康な体をつくるための食
●できるだけ老化を遅らせて、元気で楽しい時間を過ごすための食
●食欲が落ちてしまった時、愛犬がひと口でも食べてくれる食

鹿のチカラ1
高タンパク&低カロリーで
健やかな体をつくる。

鹿肉は高タンパク、低脂肪、低カロリー。豚肉や牛肉にくらべカロリーは約1/3、脂肪は約1/15です。また、鉄分やビタミンB群が豊富で、新陳代謝を活発にして疲労回復を促進するほか、皮膚被毛を整え、肌や粘膜の健康維持にも役立ちます。ちなみに、鹿肉に含まれる豊富な鉄分は体内に吸収されやすいヘム鉄。これは鶏肉の8倍、マグロの6倍、カツオの3倍。鹿肉は犬の体をつくる食材として、理想的なタンパク質なのです。

鹿のチカラ2
アレルギーになりにくく、無添加の安心なごはん。

牛肉や豚肉の脂質は飽和脂肪酸と呼ばれ、これを多く与えすぎると皮膚の炎症などアレルギー症状を悪化させます。一方、鹿肉はもともと脂質が少ないだけでなく、含まれているのは炎症をおさえる不飽和脂肪酸。また、多くのフードが、飼料の残留化学物質が心配される牛や豚、鶏を使用しているのに対して、SHIKADELICAが使っているのは、山の恵みを食べて育った元気な鹿です。この鹿肉を無添加でフードにしているので、安心して与えられます。

鹿のチカラ3
シニア犬や病気の犬の食欲不振に効果バツグン。

シニア犬になると代謝が落ちたり運動量が減るためカロリーをおさえめにしますが、血管や筋肉をつくり、体を維持するための動物性タンパク質まで落としてしまうと老化が加速しかねません。鹿肉は少量で充分な量のタンパク質が補え、脂質が少なく消化に良いので、消化機能が落ちたシニア犬にもおすすめです。また、オオカミが祖先の犬にとって本能的に食欲を刺激する鹿肉は、老化や病気で食欲が落ちた犬もよろこんで食べてくれると好評です。

■商品のご紹介■
●主食にしてもいいおやつ
●肥満や栄養バランスが気になる愛犬に
●しつけアイテムに使いやすい小粒タイプ

主食としても使えるドライフードタイプのおやつなので、栄養が偏らず、おやつをあげると主食を食べなくなる小食な愛犬や、肥満が気になる愛犬にも安心して与えられます。(肥満が気になる子には、おやつの分、主食を減らしてあげてください)

鹿肉は低脂肪・高タンパクなお肉で、その新鮮な鹿肉をたっぷり使用した「鹿肉ドライおやつ」は、動物性脂肪を抑え、犬に必要な必須アミノ酸と、植物性不飽和脂肪酸や魚に含まれる不飽和脂肪酸で脂質を整えました。

犬に多いアレルギーを意識して、皮膚被毛を整え、元気に過ごせるレシピです。

飼い主さまが安心して与えられるよう、すべての原材料は人が食べられるものを使用しています。鹿肉の解体・加工は、人が食べるための食肉加工施設で厳しい品質管理のもとで行っており、飲食店にも提供できるものを使用しています。ドッグフードの製造工場も、人の食品を扱える食品製造業、食肉販売の許可と衛生管理のもとで手づくりしています。

添加物は一切使用しておりません。


ドッグフード(間食)
●原材料名:国産鹿肉、小麦粉、コーンフラワー、じゃがいも粉、ポークレバー、人参、さつまいも、小麦胚芽、キャノーラオイル、ホタテカルシウム、モロヘイヤ、利尻昆布、キヌア、アマランサス、干しシイタケ、クロレラ、亜麻仁油、ひまわり油、魚油、抹茶
●原産国:日本
●賞味期限:製造日より1年
●内容量:30g
●保存方法:保存料、酸化防止剤は一切使用しておりません。開封後は、密閉、乾燥を保ち、1か月以内に与えきってください。
●給与方法:主食としても使えるドライドッグフードタイプのおやつです。主食としてご利用の際には、これまで与えてきたフードに少しずつ混ぜ、徐々に割合を増やしながら、1〜2週間かけて切り替えるようにしてください。与える量は、犬種・体重・年齢・性質・運動量・体調などによって異なります。状況をみて量を調節してください。
●犬用鹿肉ドライおやつ栄養分析(100g中)
・エネルギー  393kcal
・水分 4.5g
・タンパク質 19.3g
・脂質 4.8g
・灰分 2.5g
・粗繊維 0.6g
1)数値はいずれも100g中の値である。
2)分析機関:テクノ・サイエンスローカル事務所(山梨県甲府市和戸町353-27)
3)水分は105℃乾燥法
4)たんぱく質はケルダール法
5)脂質は酸分解法
6)灰分は直接灰化法 
7)飼料中の粗繊維分析法 


※商品には万全を期しておりますが、万一不都合な点がありましたらご連絡ください。

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
RSS1.0 ATOM0.3